消費者金融の返済を滞納した時は様々な催促を実施するので注意

 

消費者金融の返済を滞納

利用している消費者金融の返済日にお金を返済できなかった時は滞納になるので催促されます。

どのような催促をされるのか滞納期間で異なっているのが現状です。
そこでどのような催促が行われていくのか解説します。

一日もしくは二日くらいの滞納は催促なしのケースがほとんど

一日もしくは二日くらいの返済滞納は、催促なしのケースが多くなっています。

この間に滞納しているお金を返済してしまえば、全然問題はありません。
そして今度は返済が遅れないように注意する事で、利用している消費者金融と良好な関係を維持することができます。

少しでも滞納することが分かった場合は、利用している消費者金融に電話で連絡すれば、催促されることはないです。

滞納して数日経過した後は電話での催促を実施

返済滞納してから数日経過した場合は、登録した番号に電話の催促が行われます。

電話での催促は、どのような理由で返済が遅れているのか確認するために実施されています。

消費者金融のスタッフが丁寧な対応を実行

返済滞納している人物に対し、電話で催促をする時は基本丁寧な対応をしてきます。

強引な口調の取り立ては強要罪で訴えられる可能性があるので、闇金以外の消費者金融は実施しないです。
どのような理由で返済滞納しているのか質問されるため、嘘をつかないでちゃんと理由を説明することが重要です。

新しい返済日を設定してもらえるので安心

電話で催促をされた時は、新しい返済日を設定することになります。

そして新しい返済日を設定してもらったらその日までに滞納していたお金を返済することで問題はありません。
ただ、新しく返済日を設定してもらったにも関わらず、また滞納してしまった時は再び電話での催促が行われるでしょう。

二週間ほど経過した時はハガキでの催促

基本的に返済滞納してから二週間ほど経過した時は、ハガキでの催促が実行されます。

消費者金融に申込をした住所に届くので、滞納している状況や何時までに返済しないといけないのか把握することができます。

郵送物無しの設定をしていても関係なく届けられるので注意

郵送物無しの設定で消費者金融から融資を受けている人も返済滞納することで、登録した住所にハガキでの催促が行われます。

家族で内緒に利用している人は、この時にバレてしまう可能性が極めて高いため、注意しなくてはいけません。
ただ消費者金融によっては、プライバシーを配慮して極力ハガキでの催促を行わないようにしているケースもあります。

すぐに返済滞納している消費者金融に連絡

ハガキで返済滞納の催促をされた時は、消費者金融との信頼関係が少しずつ失われつつあります。

早目に連絡しないと利用限度額を下げられたり、融資を行うことができない状況を作られるので気をつけないといけません。
基本的に電話で連絡することが一般的で、ハガキに掲載されている電話番号に連絡すれば、返済滞納の話し合いをすることができるでしょう。

二ヶ月以上滞納することで一括請求通知

電話やハガキでの催促を無視して、二ヶ月以上返済滞納してしまうと一括請求通知をされることになります。

このような状況に発展した場合は、すでに消費者金融との信頼関係が崩れており、かなり厳しい状況です。

個人信用情報にキズが発生

返済滞納によって消費者金融の信頼関係が崩壊するだけではなく、個人信用情報にキズが発生します。

長期滞納によってキズが付いた場合、他のローンやクレジットカードの審査に悪影響を及ぼして通過するのはほぼ不可能です。
催促よりもダメージが大きい部分になっており、今後の人生にも影響を及ぼしてしまうでしょう。

分割交渉も基本的に不可能

一括請求通知の催促を実施された場合は、返済滞納分を分割交渉しようとしてもほぼ不可能です。

何としても融資したお金を返してもらいたいと消費者金融は考えているので、このように対応してくれません。
少額融資の場合は一括返済できるかもしれませんが多額の融資を受けている人は、もはや致命的な状況になるでしょう。

一括請求通知も無視したら裁判沙汰に発展

一括請求通知も無視をした場合は、最終手段の催促として返済滞納のことで裁判を起こします。

このような状況に発展してしまうともはや弁護士に依頼しても深刻な状況なので、状況改善が難しいです。

大切な財産を差し押さえになるので注意

裁判で訴えられる催促を実行された時は、基本的に大切な財産を差し押さえになるでしょう。

銀行口座が差し押さえになるだけではなく、その他財産を持っている方は失ってしまう可能性も高まりますね。
今後の人生にも確実に悪い影響を及ぼすので、何としても避けなくてはいけません。

消費者金融の対応によっては分割の支払いが行える可能性

必ずしもこのような対応をする訳ではありませんが裁判で訴える催促を受けた時、返済滞納している金額を分割に対応してもらえる可能性があります。

ただ消費者金融の対応や裁判の結果によっては、どうしても一括返済しなくてはいけない時もあるでしょう。

何よりも滞納しないことが重要

返済滞納による催促なのですが基本的に滞納しなければ全然問題はありません。

返済日を正しく理解して、返済するお金をきちんと準備しておくことが重要です。
その為にも自分の収入を理解した上で、無理のない返済計画を考えるのがポイントです。

どうしても滞納しなくてはいけない時は、できる限り早めに返済することで深刻な状況を避けられます。

まとめ

返済滞納期間が長くなる

返済滞納期間が長くなるほど厳しい催促を実施してくるのが消費者金融です。

特に一括請求通知や裁判沙汰に発展してしまうとかなり深刻な状況なので、このような状況になる前に返済することが大切ですね。

無理のない返済計画を考えて、滞納しないようにすることがとても重要になってきます。

タイトルとURLをコピーしました